味噌汁に飽きた・マンネリ化した時の簡単対処法3選

暮らし

和食の代表的な汁物である味噌汁。

毎日飲んでいるという方も多いのではないでしょうか?

しかし、毎日飲んでいると、いくら美味しいといえども飽きてしまいますよね。

ということで今回は、味噌汁に飽きた・マンネリ化したときの簡単な対処法を3つご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

味噌汁に飽きた・マンネリ化した時の簡単対処法

今回ご紹介する対処法はこちら!

  1. 普段使わない具材を使う
  2. 調味料などをちょい足しする
  3. いろんな種類の味噌を使う

ひとつずつみていきましょう!

普段使わない具材を使う

習慣的に作る味噌汁は、豆腐、わかめ、ねぎなど、具材も似たようなものばかりになりがち。

時には、普段使わないような具材も使ってみましょう!

例えば、以下のような具材は、ちょっと意外性がありますよね。

  • トマト
  • アボカド
  • 納豆
  • ベーコン
  • ホタテ

私が特にオススメなのは納豆。納豆が苦手な家族も、美味しいといって食べてくれました。
まあ、味噌も納豆も同じ大豆製品。合わないわけがないですよね。

味噌汁は基本的にどんな具材を入れても美味しくなるので、普段使わない具材も思い切って試してみましょう

それだけでも、マンネリ防止に効果的です。

調味料などをちょい足しする

普段使わない具材を使うといっても、余った具材を味噌汁にしちゃうことも多いですよね。

そんな時には、ちょい足しがおすすめ!

ごま油オリーブオイルをたらしたり、生姜・にんにくチューブを加えるなど、ちょっとした素材を足すだけで、ガラッと味の雰囲気が変わります。

  • ごま油:なすとの相性抜群!ふわっと立ち上る香りが食欲をそそります。
  • オリーブオイル:きのこ系の具材との相性バッチリ!
  • 同じ具材でも、ちょい足しするだけでマンネリ化を防止できます。

    いろんな種類の味噌を使う

    味噌汁と名がつくだけあって、味噌汁の味の中心は「味噌」ですよね。

    同じ具材でも、味噌が違うだけで全然違う味わいに。

    しかし、味噌は一度買ったらしばらくは同じものを使うため、飽きてしまいがちです。

    そんな時には、いろんな種類の味噌をお試しできる食べ比べセットがおすすめ!
    >> 6種類の味噌を食べ比べ! 

    冷蔵庫内でもかさばらないため、いろんな種類の味噌を使い分けることができます。

    味噌汁に飽きた・マンネリ化した時の対処法まとめ

    ということで、今回ご紹介した対処法がこちら!

    1. 普段使わない具材を使う
    2. 調味料などをちょい足しする
    3. いろんな種類の味噌を使う

    以上の対処法を組み合わせれば、味噌汁の味にかなりのバリエーションがでるのではないかと思います。

    それでは、飽きの来ない味噌汁ライフを!